工業用硬質クロムめっきは、耐食、特に耐摩耗性を高める金属表面処理技術として非常に幅広く用いられています。「素地に対して, 密着性の良好な分厚い皮膜を均一に施す」ことが工業用めっきとして要求される最も重要な条件です。そのためクロムめっきには数多くの作業プロセスが必要となります。当社は創業以来の長年の経験と技術力を有し、 また岡山工場には大型設備を備え、お客様の多様なニーズにお応えしています。

高硬度

硬質クロムめっきは通常電気めっきの中で最も硬度が高く、窒化鋼・熱処理鋼などと比べてもはるかに高硬度です。

耐摩耗性

工業用めっきとして硬質クロムめっきに求められる最も重要な特性であり、極めて良好です。

脆化防止

熱処理を行うことによりめっき皮膜中に吸蔵されている水素が放出されます。特に200℃以上の高温下では急激に硬度が低下し、同時に耐摩耗性も低下します。そのため素材の水素脆性を防ぐための熱処理は150〜200℃で行います。

耐食性

塩酸,塩化水素酸,フッ酸,高濃度の硫酸等以外の無機酸に対して安定です。