ニッケル塩と次亜リン酸(還元剤) の共存する水溶液に被めっき体を浸せきさせた時に得られるめっきです。還元剤の酸化によって放される電子がニッケルイオンに転移し、 ニッケル- リン合金皮膜が析出します。通常の電気めっきとは異なり電気力によらないため無電解ニッケル-リンめっきと呼ばれます。

用途

サンケルめっきの耐食・耐摩耗性能は多くのお客様から評価を頂いております。用途としては以下のようなものが挙げられます。

<耐食目的>

コンプレッサーケーシング、ロール内面

<耐摩耗目的>

各種金型,プランジャー,シリンダー,ポンプインペラー,リング等

特徴

<めっき膜厚の均一性>

サンケルめっきは電着によらない化学反応を利用しためっき法です。このため、通常電気めっきで問題となる電流分布が発生しないため角物等の複雑な形状の製品に対しても均一な膜厚のめっき皮膜を析出させることができます。しかも時間管理により膜厚を自由に調整することも可能です。

高硬度

通常の電気ニッケルめっき(ビッカース硬度約300) と比較してサンケルめっきは析出状態でビッカース硬度約500 を有します。さらに、 400℃で熱処理することにより工業用硬質クロムとほぼ同等の硬度(ビッカース硬度約900) まで硬化します。

耐食性

製品に母材欠陥がなければ比較的容易にピンホールのないめっき皮膜を析出させることができます。密着力も熱処理を行うことにより工業用硬質クロムめっきと同等となります。塩水噴霧試験( J I S Z2371) において素材からの発錆時間は500時間以上です。

サンケルめっきの物性

物性名 測定結果
めっき皮膜の組成(%) Ni 93〜91,P7〜9
PH 7.8
めっき皮膜の融点(℃) 880
めっき皮膜の密着性(kg/mm2) 24
めっき皮膜の均一性(%) ±5