身の回りの三晃特殊金属工業の技術

 Our Technology 

現代社会の中で生活していく上で必要不可欠となった自動車やIT機器をはじめ、皆さんの身の回りにある様々な製品に三晃特殊金属工業が広く関わっています。
 これらを生産するメーカーの最重要部品として、当社の製作した高精度・高精密ロールが用いられており、あらゆるモノづくりを広く支えているのです。

リチウムイオン二次電池

 脱炭素化社会に向けて、電気自動車はもちろんの事、今や生活必需品となった様々なモバイル機器にも組み込まれているリチウムイオン二次電池。これらの生産過程において、当社のロール製品が活躍しています。

 例えばリチウムイオン二次電池の外装部分である金属ジャケットにはニッケルめっき鋼鈑が用いられていますが、この金属ジャケットに用いるニッケルめっき鋼鈑の製造過程において当社のコンダクターロールが使用されています。また電池内部のセパレーターと呼ばれる部品には、その製造過程において当社のフィルムロールが用いられています。

スマートフォン・タブレットPC

 情報化社会においてスマートフォンやタブレットPCも生活に欠かせない製品になりました。

 これらの製品のディスプレイに使用されている「偏光フィルター」や「配向膜」という部品はベースフィルムというものを原材料にしており、このベースフィルムの製造工程では、当社のフィルムロールが活躍しています。スマートフォンやタブレットPCは精密機器ですから当然、当社が納めるロール製品にも精密さが要求されています。

炭素繊維を用いた製品

 航空機や風力発電用ブレードといった大型製品から、ゴルフ用シャフトやロードバイクのフレームといった一般消費者向け製品まで幅広く材料として用いられている炭素繊維。これらの製造工程には当社の溝付ロールがしわやよじれを防止するために用いられています。

 炭素繊維を材料とする製品は、いずれも安全性が高いレベルで求められるものばかりあり、その製造過程を支えるロール製品には精度と精密性が求められています。

高級自動車のボディ素材

 自動車に求められるようになった環境(燃費)性能。併せて安全性を確保する強度を高いレベルで提供しているのがこの高強度鋼鈑です。

 この高級車用高強度鋼鈑の製造工程にも当社のロールが用いられており、当社のロールはこの高強度鋼鈑御性能を左右する重要ラインで使用されています。

〒740-8535山口県岩国市室の木町1丁目4番55号

TEL 0827-22-3511 FAX 0827-23-3211